ドラマをきっかけに

看護師を志すきっかけとしては、幼いころ看護師に優しくしてもらったとか、身内が入院などで世話になってその姿をずっと見てきたとか、そもそも身内に看護師がいたから自然と、など色々な理由があると思います。今はインターネットが普及しているので特に若い人はインターネットからの情報が多いのかもしれませんが、看護師に焦点を当てたテレビドラマや映画を観て目指そうと思ったという人もいるのではないでしょうか。

少し前になりますが大ヒットしていくつかシリーズもある「ナースのお仕事」は、とてもおもしろかったと思います。医療モノは例えば「白い巨塔」だったり「チーム・バチスタの栄光」、「救命病棟24時」など、シリアスになりがちです。しかしナースのお仕事は主人公が明るくおっちょこちょいで、でも前向きに看護師として自分のやれることはなにか、どういった看護師になりたいのかを考え行動していくというのがコメディも入りつつあるので、とてもテンポの良い作品だったと思います。

実際の看護師がそうしたドラマを観ると、ドラマなのに結構リアルだなと思うところもあれば、有り得ない、盛ったな、と思うところもあるようです。しかし看護師に焦点をあてたドラマというのも医師のそれに比べればあまりないので、貴重とも言えますね。看護師を目指すきっかけはなんでもよくて、そうしたメディアの情報というのも看護師を目指す人が増えるきっかけとなり後押しになるのであればいいと思います。
ドラマに影響されて、イケメン医師との恋愛を夢見て看護師を目指す。なんて動機の人もいるかもしれませんしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です